うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ベジタリアンの人はうつ病になりやすいですか?

 

ベジタリアンだからといって全ての人がうつ病になるというものではありません。

 

ただし菜食主義と言われているように、野菜や果物しか食べないことを徹底している場合は、栄養バランスを考えた時にやや不安は否定できないでしょう。

 

というのも人が生きていくために必要な栄養素というのは、野菜や果物だけでは補いきれないからです。

 

ベジタリアンは肉類を一切口にしませんので、動物性タンパク質が不足した状態になります。

 

少し話はそれますが、野菜嫌いの人はお肉ばかり食べてしまうので、これもまた健康を考えた時には不健康の状態となってしまいます。

 

ベジタリアンでも中には卵や牛乳のように、動物から採れるものは口にする事もあります。

 

卵や牛乳なら動物性タンパク質を摂取できるので、どこまで徹底したベジタリアンなのかによっても状態は変わってくるかもしれません。

 

そもそもなぜベジタリアンがうつ病になりやすいと言われているかというと、これもうつ病の原因と関係しているからです。

 

うつ病になると脳から分泌される神経伝達物質のセロトニンという成分が減少します。

 

セロトニンには不安や緊張を和らげる作用があるのですが、これが不足するので不安が大きくなり緊張なども自分ではコントロールできなくなってしまうのです。

 

動物性タンパク質はセロトニンの分泌を促進させるのに欠かせない成分なので、これが不足することでベジタリアンの人はうつ病になりやすいと言われているのです。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ベジタリアンの人はうつ病になりやすいですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。