うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病になりやすい血液型はありますか?

 

血液型によって性格がある程度わかるものです。

 

確かに血液型占いなどを見た時、当たっているので驚くことがありますね。

 

しかし科学的に見た時、血液型がその人の性格を決めるというのは根拠のないことだとも言われています。

 

でも血液型別の性格を見た時、B型はマイペース、O型はおっとりタイプ、A型は几帳面などある程度当たっているところもあります。

 

性格は元々生まれ持ったものや、親からの遺伝などもありますが、育つ環境によっても性格は変わっています。

 

このことから、うつ病になりやすい血液型というのは特に決まっていないと考えるのが自然ですね。

 

例えば自分のやりたいように自由奔放のB型の人と、神経質で真面目なA型の人がいた時、A型の人だけがうつ病になるかというとそうとも言い切れないのです。

 

うつ病も原因はその多くがストレスなので、血液型に関係なく常に過度のストレスにさらされている人はうつ病になるリスクも高まります。

 

中には血液型でうつ病になりやすいと考えている人もいるようです。

 

だとしてもできるだけストレスをためないように解消法を見つけたり、人に話すことでも気持ちが少し楽になるのなら、できるだけ話をするように工夫すれば予防も可能です。

 

もしも自分がうつ病かもしれないと思った時には、インターネットのセルフチェックなどもありますが、目安にしかならないので病院に行って検査を受けることをおすすめします。

 

もしうつ病だとしても時間はかかりますが、うつ病は治療をすれば克服できます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病になりやすい血液型はありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。