うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病は人にうつりますか?

 

うつ病は人にうつると言われることもありますが、原因がウイルスなどの感染するようなものではないので、うつ病の人の近くにいるだけではうつることはありません。

 

ただし親族がうつ病になり、常に身近にいることで自分もうつ病になるのではという不安などを強く感じると、うつ病になるリスクは否定できない部分があると言われています。

 

そもそもうつ病というのは、昔は心の病と言われていましたが、最近になって脳に原因があることが分かってきています。

 

脳からは様々な神経伝達物質が分泌されていますが、過度のストレスを受け続けることでうつ病になると、脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンという成分が減少してしまいます。

 

セロトニンは不安や緊張を和らげる作用があり、ノルアドレナリンは気持ちを高めやる気を出させる作用があります。

 

これらが減少する事で強い不安が常につきまとい、やる気や気力が低下していきます。

 

これがうつ病の原因と考えられているので、仕組みを考えても人に簡単にうつる病気ではないと理解できます。

 

しかし家族や身近なところにうつ病の人がいて、常に接している場合にそれがストレスとなり脳の神経伝達物質に影響を与えてしまうような場合には、その人もうつ病になってしまう可能性はあるかもしれません。

 

またうつ病は遺伝するとも言われていることから、家族や兄弟といったように常に身近にいる人がうつ病になった場合には、うつ病がうつるリスクは高くなるとも言われています。

 

あるデータでは双子の場合は、どちらかがうつ病になるともう一人もうつ病になる確率はグっと高くなると言われています。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病は人にうつりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。