うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病は子供でもなりますか?

 

うつ病というのは大人だけがなるというものではありません。

 

子供もうつ病になることはあります。

 

大人と比べると子供はストレスを感じることが少ないと思われていますが、実はそうでもありません。

 

友達同士の関係や親子関係、兄弟など大人が思っているよりも子供のストレスは多いと言われています。

 

ただし多くの場合、子供は言葉に出して言わないことが多いので、悩みを自分だけで抱えてしまいます。

 

これがストレスを大きくしてしまうので、うつ病になることも多いのです。

 

また大人と違って、倦怠感ややる気のなさなどが出た場合も子供がうつ病になるとは思わない人が多いので、なかなか気づかないことも多いようです。

 

子供自身も自分がうつ病とは思わないので、やけにイライラしてしまいます。

 

しかしうつ病は大人だからとか子供だからとかいうのは関係ないので、容赦なく症状が表れてきます。

 

今まで当たり前のようにできていたことが急にできなくなる、著しい集中力の低下、口をきかなくなるなど明らかに今までと違うと感じた場合は親が気づき対処する事も大切です。

 

学校に行きたがらないとか、サボりがちになるのもサインの一つです。

 

子供なりに何らかのサインを出しているので、それを見逃さないことも必要です。

 

また思春期にはうつ病によく似た症状になることも多いので、思春期の変化だと思い込むことも多いと言われています。

 

例え思春期の変化であっても、何かがおかしいと感じたら一度検査を受けるのも無意味ではありません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病は子供でもなりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。