うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病の血液検査・脳波検査・尿検査とは?

 

うつ病の検査というと、スクリーニング検査ベックのうつ病検査表などもよく知られていますが、より科学的に検査をする方法もあります。

 

血液検査・脳波検査・尿検査といった方法で検査することも可能です。

 

血液検査の場合は、血液中のエタノールアミンリン酸という成分の濃度で判断します。

 

1.5ミューM以下の場合は、うつ病の可能性が高いと言われています。

 

うつ病は気分障害とも言われることから、脳が原因となることもわかってきています。

 

脳波検査の場合は、CTやMRIを使って検査をします。

 

ただし脳波検査では異常が認められないことも多いので、これだけで判断することは難しいとされています。

 

血液検査と同じように、尿に含まれる成分にもうつ病の特徴が現れる場合もあります。

 

ただし必ず出るわけではなく、個人差も大きいので1つの検査でうつ病を診断できるものではありません。

 

うつ病は心の病とも言われていますが、検査をしてもどこにも異常が見られないことも多く診断は非常に難しくなります。

 

また自分がうつ病かも?と思ってもそれを受け入れるのはとても難しく、検査も治療も受けずにいる人もたくさんいます。

 

他の病気が原因でうつ病を併発することもあるので、身近なところにもうつ病の原因は潜んでいるかもしれません。

 

少しでも思い当たることがあったら、インターネットでも簡単なセフルチェックができるので、それを試し可能性が高い場合は念のため診察を受けるのも一つの方法です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病の血液検査・脳波検査・尿検査とは?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。