うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病に自覚症状はありますか?

 

自分でうつ病だということを素直に受け入れるのはそう簡単なことではありません。

 

うつ病にはいくつかの自覚症状がありますが、それもストレスのせいだと思いたいという部分もあるので、とてもデリケートな問題です。

 

うつ病には必ずサインがありますので、これを自覚することで早期発見と早期治療も可能になります。

 

インターネットでもできるうつ病チェックシートに書かれている内容は、自覚症状を知るのに役立ちますのでチェックしてみるのもいいと思います。

 

一般的なうつ病の自覚症状をいくつか紹介しておきます。

 

・今まで興味を持っていたことにも興味がなくなる。

 

・できるだけ人との接触や関わりを避けようとする。

 

・仕事などやらなければいけないことなのに意欲がわかない。

 

・仕事ができていた人も突然効率が低下したりミスが多くなる。

 

・優柔不断になるもしくは、判断力が低下する。

 

・朝起きるのが辛く常に倦怠感がある。

 

・不眠症になる。

 

・食欲や性欲が低下する。

 

・死にたいと思うようになる。

 

ただし一時的に落ち込んだりするような明らかな原因がある場合や、すぐ症状が改善されるような場合はうつ病ではないこともあります。

 

目安としてこのような状態が2週間以上続く場合や1日中続く場合、どんどん酷くなる時にはうつ病の可能性も高くなります。

 

自覚症状がある場合は、できるだけ早く病院に行って医師の診察を受けることをおすすめします。

 

本人に自覚症状がなくても周囲の人が異変に気づく場合もあります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病に自覚症状はありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。