うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ワイパックス

 

うつ病の症状にも個人差はありますが、多くの場合は不安や緊張が強く出る傾向があります。

 

こういう場合は不安や緊張を和らげることが必要なので、そういう作用のある薬が使われます。

 

ワイパックスは気持ちを穏やかに落ち着かせ、リラックスさせる作用のある薬です。

 

分類としては、緩和精神安定剤になります。

 

ベンゾジアゼピン系の薬に属しますが、比較的副作用も少ないといっていいでしょう。

 

うつ病の薬には種類も色々あるので、中には依存してしまうものもありますが、ワイパックスは依存性も少ないことから安全性の高い薬としても知られています。

 

ただし高齢者や緑内障の人はリスクが高いので注意が必要です。

 

ワイパックスは比較的安心して続けられる薬ですが、やはり副作用のリスクはあります。

 

ゼロではない以上どのような副作用があるのかも知っておきましょう。

 

ワイパックスの主な副作用としては眠気、倦怠感、ふらつきやめまいなどです。

 

副作用は服用後に現れますが、この程度なら軽く仮眠を取ることで対処できます。

 

ただし服用後に車の運転や機械の操作は、リスクもあるので注意しましょう。

 

うつ病の治療で薬を取り入れる場合には、必ず医師の指示に従い服用することが大切です。

 

多めに飲んでも効果が高まることはありませんし、副作用も強く出てしまうので注意が必要です。

 

また続けることで症状が落ち着いても、すぐに完治するものではないので勝手に服用を中止するのも禁物です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ワイパックス

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。