うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ロフェプラミン

 

ロフェプラミンには、脳から分泌されるセロトニンやノルアドレナリンという物質の分泌を促す作用があります。

 

うつ病の症状にも個人差がありますが、多くの場合は不安や落ち込みなどが見られます。

 

セロトニンは不安や緊張を和らげ、ノルアドレナリンは気持ちを高めやる気を引き出すものです。

 

これが不足することでうつ病特有の症状が出るので、これを改善するために薬物療法も重要になります。

 

ロフェプラミンの分類としては第二世代の抗うつ剤ですが、比較的副作用は少ないと言われています。

 

現在は第四世代まで登場していますが、新しい薬になるほど穏やかな作用で効き目が高いのに副作用が少なくなるという傾向があります。

 

ロフェプラミンは第二世代なので登場してから時間は経過していますが、副作用に関しては比較的少ないところが特徴となっています。

 

うつ病になるのは誰にでもあることですが、他の病気を併発することもあれば、持病を持っている人もいます。

 

薬物療法の場合は薬の飲み合わせにも注意が必要です。

 

ロフェプラミンは緑内障の人には使用できませんので、持病があって治療中の人は必ず使用している薬や持病を医師に申告しておくことも大切です。

 

ロフェプラミンは副作用がほとんどないと言われていますが、稀に口や喉の渇き、眠気、倦怠感、めまいや立ちくらみといった副作用が出ることもあります。

 

また、副作用にも個人差があるので、人によっては便秘や手足の震えといった症状もあります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ロフェプラミン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。