うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


レキソタン

 

レキソタンは、リラックスするために脳から分泌される物質に作用することで、不安や緊張を和らげる作用があります。

 

抗不安の作用でうつ病特有の症状を和らげます。

 

緊張をほぐす作用もあるので、筋肉のこわばりや肩こりなどうつ病が原因で起こる痛みの緩和に使用されることもあります。

 

精神安定剤として処方されることも多く、副作用が少ないのも特徴です。

 

しかし薬である以上副作用がゼロということではありません。

 

副作用が出たとしても重篤なものではないと言われていますが、念のため副作用についても知っておくと安心です。

 

レキソタンの服用後に眠気、倦怠感、ふらつきやめまいといった症状が出ることがあります。

 

可能であれば服用後に仮眠を取ることで、副作用にも対処できます。

 

もしも仕事を続けながら治療をするような場合は、服用後に副作用が出ることもあるので車の運転や機械の操作などは避けておくと安心です。

 

仕事上やむを得ない場合は医師に相談して、薬を変えるということもできますので、勝手に服用を中止しないようにしましょう。

 

レキソタンは安全な薬だと言われていますが、突然服用を中止するとかえって症状が悪化することもあります。

 

徐々に薬を減らす場合も、必ず医師の指示に従うことが大切です。

 

治療を続けると症状が改善されるので、治ったように錯覚してしまうこともありますが、これは自己判断できることではないので、必ず医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

レキソタン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。