うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ルボックス

 

ルボックスは種類としては第三世代の抗うつ剤になります。

 

ルボックスは、うつ病の原因となる脳の神経伝達物質(セロトニン)の分泌を促す作用があります。

 

セロトニンという成分は、不安や緊張を和らげる作用があります。

 

うつ病の場合はセロトニンが不足するので、不安や緊張が強くなってしまいます。

 

ただし脳から分泌される神経伝達物質は種類がありますので、全てに作用してしまうと副作用となって別の症状が現れることもあります。

 

ルボックスは比較的新しい薬で、セロトニンだけを選択して作用するので、副作用が少ないのも特徴です。

 

セロトニンの分泌を促すことで、不安や緊張を和らげうつ病の症状を改善させることができます。

 

またセロトニンの分泌が促進されることで、睡眠ホルモンとも言われるメラトニンの分泌もサポートできますので、不眠といった症状も改善されることがあります。

 

ルボックスは比較的副作用の少ない薬ですが、やはり副作用のリスクは考えておく必要があります。

 

主に口や喉の渇き、眠気、吐き気などを感じることがありますが、症状は次第に治まっていくのでそれほど重篤なものではないようです。

 

うつ病の治療は長期間に及ぶことになるので、副作用の少ない薬は長く使えるところもポイントです。

 

副作用の出方は個人差も大きいので、副作用が出て辛い場合は勝手に服用を中止せず医師に相談しましょう。

 

突然服用を中止してしまうと、症状が悪化することもあります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ルボックス

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。