うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ノルトリプチリン

 

ノルトリプチリンの作用としては脳の神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの分泌を促進させる作用があります。

 

うつ病は神経伝達物質の分泌が阻害されることで、様々な症状が出る病気であることが分かっています。

 

治療法にもいくつかの種類がありますが、多くの場合薬で神経伝達物質の促進をサポートすることである程度の効果も確認されています。

 

ノルトリプチリンは、2つの神経伝達物質のサポートをするので、不安や緊張を和らげ、気力低下や無気力を改善する効果が期待されています。

 

分類としては第三世代になりますが、現在注目の第四世代の薬に比べると効果があるものの副作用が強く出てしまうところはデメリットとなってしまいます。

 

薬である以上どんな薬にも副作用はあります。

 

ノルトリプチリンの副作用としては、口や喉の渇き、眠気、立ちくらみやめまい、便秘などがあります。

 

ただし副作用の出方にも個人差があるので、人によってはほとんど気にならない程度ということもあります。

 

辛い場合は勝手に服用を中止してしまうと症状が悪化することもあるので、必ず医師に相談しましょう。

 

また、ノルトリプチリンの重篤な副作用として、筋肉のこわばりや硬直、息苦しさ、震えなどが出ることもあります。

 

この場合も無理や我慢をせずに、すぐ病院に行くか医師に相談することが大切です。

 

うつ病の治療は長引くことが予想されるので、薬の服用もある程度の期間続けていくので正しく服用しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ノルトリプチリン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。