うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病のスクリーニング検査とは?

 

スクリーニング検査と言うのは、ふるい分けることを目的とする検査です。

 

様々な検査に応用できますが、うつ病のスクリーニング検査もあります。

 

うつ病のスクリーニング検査と言うのは、簡単に言えばうつ病の症状に多い項目にいくつかの選択肢を用意し、それにチェックを入れポイントや当てはまる項目が多いほど、うつ病の可能性が高いことを調べるセルフチェックのようなものです。

 

うつ病のスクリーニング検査には、この他に唾液中のアミラーゼ活性値を調べる方法もあります。

 

色々な項目がありますし、検査によっては項目なども変わってきます。

 

また、たまたま気分が落ち込んでいる時に行うと、うつ病の可能性が高いという結果になりますし、躁鬱病の場合は気分によって結果も変わってくるので結果が全てではありません。

 

うつ病の原因にも色々ありますが、ストレスなども大きな原因となります。

 

しかし中にはガンなどの命に関わる病気が原因でうつ病を併発することもあり、この場合はスクリーニング検査の重要性も見直されています。

 

アメリカではスクリーニング検査の精度が認められ、がん患者へうつ病のスクリーニング検査として取り入れることもあるようです。

 

スクリーニング検査はふるい分け目的もありますが、検査をすることで治療が必要な人が適切な治療を受けるきっかけになることから違った意味でも注目されています。

 

インターネットでも試せるうつ病のスクリーニング検査があるので、とりあえず試してみるのもいいかもしれません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病のスクリーニング検査とは?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。