うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


デパケン

 

デパケンは元々はてんかんの薬として使用されていましたが、躁うつ病への効果もあることからうつ病治療にも使用されるようになっています。

 

効果としてはセロトニンの分泌を促進させたり、気分を安定させる作用が期待できます。

 

うつ病といっても症状にはかなり個人差がありますし、波もあります。

 

デパケンはこの波を抑える作用もあるので、波が激しい人に使用されることもあります。

 

デパケンも薬である以上副作用のリスクがあります。

 

どの程度の副作用になるかは個人差もあるので、飲むまでわからないところもありますが、デパケンの副作用として次のようなものがあります。

 

頭痛、眠気(人によっては眠れなくなる)、倦怠感、吐き気、ふらつきなどです。

 

どの症状が出るかにも個人差がありますし、人によっては副作用がいくつか重なることもあります。

 

またデパケンには重篤な副作用のリスクもあると言われています。

 

肝障害という重篤な副作用が出ることがありますが、これは服用しながら定期的な検査でチェックすることができます。

 

どのように薬を飲むかはすべて医師の指示に従うことが大切です。

 

デパケンの場合は他の薬と併用することもあるので、この場合も服用は医師の指示通り正しく服用しましょう。

 

量を増やしても効き目が高くなるものではないので、必ず指示に従います。

 

うっかり飲み忘れてしまうこともありますが、この場合は2回分を一度に飲むようなことはせず、まず医師の支持を仰ぎましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

デパケン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。