うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


デプロメール

 

デプロメールは、うつ病治療の薬としては比較的新しい薬です。

 

効果としてはセロトニンという脳から分泌される伝達物質の分泌を促進させ、不安や緊張を和らげるサポートをします。

 

分類としては第四世代の選択的セロトニン再取込阻害薬の一種になります。

 

うつ病の原因は脳にあるということが分かってからも、新しい薬が続々と日本でも認可されるようになっています。

 

第一世代に始まり現在では第四世代まで来ていますが、代を追うごとに効き目も高く副作用の少ない薬になりつつあります。

 

どの薬を使用するかは、その人の症状などによっても変わってきますが、新しい薬になるほど即効性があるのに副作用が少ないという特徴があります。

 

ただし即効性がある薬は持続性が期待できない部分もあるので、1日に数回の服用が必要になります。

 

1日何回服用するかは、必ず医師の指示があるのでそれに従い正しく服用しましょう。

 

うつ病治療薬の中には効果が高いものもありますが、症状が改善されたからといって勝手に薬の服用を注意するようなことのないよう注意も必要です。

 

ただし副作用が軽くなっているといっても、薬である以上は多少の副作用が出ることはあります。

 

デプロメールの副作用としては、口や喉の渇き、便秘、立ちくらみといった症状があります。

 

しかしどの程度の副作用が出るかは個人差も大きいので、薬を飲んだあと異常を感じたらすぐ医師に相談するか病院に行くことをおすすめします。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

デプロメール

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。