うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


タンドスピロン

 

タンドスピロンの効果としては、不安や緊張をほぐし気持ちを落ち着かせるといった作用があります。

 

うつ病の場合は脳の伝達物質の分泌が減少することで、気持ちに変化があった時、それにうまく対応できなくなってしまうという状態になります。

 

タンドスピロンは、不安や緊張を和らげるセロトニンの分泌を促進させる効果が期待できます。

 

抗不安薬として使用されますが、抗うつ作用も期待できるので幅広い使用が可能というのも特徴です。

 

そのため神経症などの治療にもタンドスピロンを使用することがあります。

 

うつ病治療薬の中にはかなり重い副作用が出るものもありますが、タンドスピロンに関しては副作用が出たとしても軽くそれほど気にする必要はないと言われています。

 

ただし薬なので多少の副作用のリスクがあることは覚えておくと安心です。

 

タンドスピロンの副作用としては、主に眠気が出ます。

 

これはそれほど気になる副作用ではありませんし、眠い時には我慢せず30分ほど横になれば頭もスッキリするはずです。

 

ただし仕事をしながら治療を続けている人や、車の運転などをしなければいけない場合は眠気を感じる薬は危険になることがあるので可能であれば仮眠をとりましょう。

 

無理な場合は飲む時間をずらすなど工夫はできますが、薬の服用は医師に指示通り飲むことが大切ですので自己判断で勝手に変更はできません。

 

どうしても眠気がきつい場合はすぐ医師に相談して、他の薬に変えてもらうなどしましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

タンドスピロン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。