うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


パキシル

 

パキシルの効果としては、脳の伝達物質の一種セロトニンの分泌を促進させる作用があります。

 

セロトニンには不安を感じた時、それを和らげる作用があるので、うつ病の症状の強い不安や緊張などをほぐす時に使われます。

 

パキシルは抗うつ剤の一種ですが、比較的副作用が少ないことから数多く使用されています。

 

副作用は比較的少なく、うつ病に対しての不安を和らげる効果が高いところも特徴です。

 

ただし薬には違いないので、人によっては副作用が出てしまうこともあります。

 

ほとんどないと言われていますが、人によっては口や喉の渇き、便秘といった副作用が出ることがあります。

 

うつ病治療薬の中には、副作用や強く出るものや重篤な副作用が出ることもありますが、パキシルに関してはそれほど副作用の心配はないと言われています。

 

ただし薬の副作用は個人差が大きいので、どんな副作用が出るかは飲むまでわからないところもあります。

 

薬を服用後に眠気を感じたような場合は、我慢せずに横になり仮眠を取るだけでも頭がスッキリしますし眠ることで疲れも取れます。

 

うつ病の治療中は無理は禁物なので、無理をしないことも大切です。

 

もしも薬を飲んだ直後に何か異常を感じたら、すぐに病院に行くか医師に相談しましょう。

 

勝手な自己判断で薬を増やしたり、中止してしまうのはよくありません。

 

薬を処方された場合は、医師の指示通りに正しく服用することが大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

パキシル

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。