うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


スルピリド

 

スルピリドは、うつ病の治療にも使用されることがあります。

 

主に胃薬として使われることが多いのですが、ノルアドレナリンの分泌を促進させる作用があるので、うつ病の原因となる脳の伝達物質の改善に使うことができます。

 

気持ちを落ち着かせるとか、安定させる作用もあります。

 

うつ病治療にスルピリドを取り入れる場合は、少し量を多めにするので副作用なども知っておくと安心です。

 

スルピリドの副作用に関しては、ホルモンバランスを変化させるという副作用が有名です。

 

特に女性はホルモンバランスの変化に弱いので、生理が来る時などは注意しておきましょう。

 

スルピリドにも多少の副作用はあります。

 

どのような副作用が出るのかは、個人差もありますが女性は特にスルピリドの副作用に注意しておきましょう。

 

女性の場合スルピリドを服用することで、生理不順になったり、入汁分泌などの症状が出ることもあります。

 

他にもスルピリドには、手足の震えや眠気、喉や口の渇きといった症状が出ることもあります、

 

人によっては便秘をすることもありますが、スルピリドの場合副作用が出たとしても比較的軽いのも特徴です。

 

もしも強く副作用が出た場合は、念のため医師に相談しておくと安心です。

 

スルピリドは比較的よく効くと言われている薬ですが、効果は長時間持続しません。

 

1日に何回飲むかは医師から指示があると思いますので、必ず医師の指示通り正しく服用しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

スルピリド

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。