うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


クロチアゼパム

 

クロチアゼパムは、チエノジアゼピン系の緩和精神安定剤です。

 

うつ病治療には抗うつ剤が多く使用されますが、クロチアゼパムは抗不安剤になります。

 

うつ病の症状にも個人差はありますが、脳の伝達物質の一種であるセロトニンが不足することで大きな不安を感じるようになります。

 

セロトニンが正常に分泌されていれば、不安を感じた時もそれを解消できますが、うつ病はこれができなくなるのでちょっとした不安もどんどん大きくなっていきます。

 

クロチアゼパムはこの不安が大きくなるのを抑えてくれる薬です。

 

また筋肉をほぐす作用もあるので、不安から緊張し体がこわばるような場合にも効果があります。

 

即効性はありませんが、ゆっくりと穏やかに作用するので高齢者にも使用できます。

 

ただし薬なので副作用もあります。

 

さらに抗うつ剤と併用すると、効き目が強すぎてしまったり、副作用が出やすくなるので注意が必要です。

 

クロチアゼパムは、うつ病の治療薬の中でも比較的副作用は少ないと言われていますが個人差があります。

 

クロチアゼパムの主な副作用としては、眠気、倦怠感、脱力感などが多いと言われています。

 

ゆっくりと効いていくのですが、うつ病治療は長期間に及ぶので依存しやすいのも特徴です。

 

薬を長く使用すると効き目が薄れてしまうこともあるので、思うように効果が出なくなることもあります。

 

この場合は自己判断で薬の量を増やしたりせず、必ず医師に相談しましょう。

 

治療を続けていく過程で、薬を変更することもできます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

クロチアゼパム

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。