うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


クロミプラミン

 

クロミプラミンも第一世代の三環系抗うつ薬なので、高い効果が期待できますが、その分副作用が出やすいというのはデメリットになってしまいます。

 

主な効果としてはノルアドレナリンやセロトニンの分泌が低下しているので分泌を促進させます。

 

セロトニンは精神を安定させ不安を和らげる作用がありますが、これが不足することで強い不安感を抱くようになります。

 

ノルアドレナリンは、気持ちを高めやる気をアップさせる作用がありますが、不足すると気力や集中力の低下といった症状が出ます。

 

どちらもうつ病の特徴的な症状ですが、分泌を促す事で症状を改善できます。

 

ただし即効性がないので、効果が出るまでには時間がかかることを覚えておきましょう。

 

効果が出ても副作用が強かったり、出やすいこともあるので、どのような副作用が出るか知っておくことも大切です。

 

第一世代の三環系抗うつ薬は副作用もよく似ています。

 

主な副作用に口や喉の渇き、眠気、めまいや立ちくらみ、便秘、震えなどがあります。

 

また発症するのはごく稀だと言われていますが、第一世代の三環系抗うつ薬には重篤な副作用が出ることもあります。

 

筋肉のこわばり、体の硬直、意識が飛ぶ、手足の震え、発汗等があった場合はすぐ医師に相談しましょう。

 

クロミプラミンのように第一世代の三環系抗うつ薬を使用する場合は、患者側も副作用について知っておくことで症状が出たとしてもすぐに対処できるので安心です。

 

無理をしたり軽視せずにすぐに医師に相談しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

クロミプラミン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。