うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


イミプラミン

 

イミプラミンは第一世代の抗うつ剤なので、古くからある薬です。

 

うつ病の原因とされるノルアドレナリンやセロトニンの減少を抑え、分泌を促進することで不安や気力の低下を改善する作用があります。

 

今のように多くの選択肢がなかった時代には、イミプラミンなどの第一世代の薬が主流でした。

 

比較的高い効果が期待できる反面、副作用が出やすい、強く出てしまうというデメリットもあります。

 

うつ病の治療以外にも、症状がよく似ているパニック障害や自律神経失調症の治療にも使用されていました。

 

また子供のおねしょを改善するための薬や、大人の尿漏れの薬としても使われることがあります。

 

効果が出るまでには個人差もありますが、即効性はあまり期待できないのでゆっくりと効くのも特徴です。

 

どちらかというとノルアドレナリンを増やす作用が強いので、大きな不安を抱えている人に効果があると言われています。

 

しかし薬であることと、第一世代の抗うつ剤ということもあって副作用が出ます。

 

口や喉の渇き、便秘、めまい、眠気といった症状が出やすいと言われています。

 

またイミプラミンも希ではありますが、重篤な副作用が出ることもあります。

 

悪性症候群、筋肉のこわばり、体の硬直といった重い副作用が出ることもありますが、ごく稀ですし今は効果もあって副作用も比較的少ない新しい薬を選ぶこともできます。

 

どの薬を使うかは人によって違いますが、副作用が辛い場合は我慢せず医師に相談しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

イミプラミン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。