うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


アミトリプチリン

 

アミトリプチリンは第一世代の抗うつ剤です。

 

正確には三環系抗うつ薬といいます。

 

現在は第四世代までの抗うつ剤が登場しているので、アミトリプチリンは古くからある薬です。

 

第一世代の抗うつ剤は効果は高いのですが、強い副作用が出るのも特徴といっていいでしょう。

 

効果としては、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を促すことでうつ病の症状を改善させるというものです。

 

セロトニンやノルアドレナリンが減少すると、強い不安や無気力状態になります。

 

アミトリプチリンを服用することで、セロトニンとノルアドレナリンの分泌が促進されるので、気力を高め不安を解消できます。

 

抑うつ状態だけでなく夜尿症などにも、アミトリプチリンが処方されていたようです。

 

うつ病以外にも症状がよく似ているパニック障害や、自律神経失調症などの治療にもアミトリプチリンを使うことがあります。

 

第一世代の抗うつ剤なので、副作用もあります。

 

症状の出方にも個人差はありますが、頭痛、倦怠感、喉の渇き、めまい、吐き気、食欲不振、下痢アドがあります。

 

副作用の中には重篤なものもあると言われています。

 

発症するのはごく稀だと言われていますが、悪性症候群、再生不良性貧血、異常な興奮などがあるので念のため覚えておくといいでしょう。

 

今は比較的効果が高く副作用の出にくい薬もあるので、副作用が強く出るなど薬が合わない場合は無理をせず医師に相談することをおすすめします。

 

色々な薬があるので、自分に合った物を処方してもらいましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

アミトリプチリン

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。