うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


NaSSA

 

うつ病の薬物療法に使う薬に、NaSSAというのがあります。

 

NaSSAというのはノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬のことで、ノルアドレナリンとセロトニンの分泌を促進させる作用があります。

 

NaSSAも比較的新しい薬ですが、SSRIやSNRIとは違った目的で使用します。

 

ノルアドレナリンもセロトニンも脳の伝達物質の一種ですが、不足することで様々な障害が出ます。

 

ノルアドレナリンが不足すると意欲が低下するので、無気力状態になります。

 

セロトニンが不足すると不安が大きくなり、不眠症になることもあります。

 

NaSSAはノルアドレナリンを増やすことで気力をアップさせ、セロトニンを増やすことで不安を取り除き不眠症を改善する作用もあるのです。

 

NaSSAは、主にうつ病から来る不眠症の人に処方されます。

 

即効性があることから注目度も高いのですが、不眠症には高い改善効果がある分、副作用として強い眠気があります。

 

日中の眠気で何もできないという人もいます。

 

NaSSAは、SSRIやSNRIと同じ第4世代の薬です。

 

効果が高く比較的副作用が少ないので、現在主流になりつつある薬です。

 

しかし薬である以上副作用はあります。

 

強い眠気の他には喉の渇き、倦怠感、便秘などがありますが、副作用の出方にも個人差があります。

 

不眠症や睡眠障害はうつ病の治療にも影響するので、人によってはとても効果がある薬になりますが、副作用が強くて辛い場合は無理をせず医師に相談しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

NaSSA

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。