うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


SSRI

 

うつ病の治療法は最新の治療法なども注目されていますが、やはり薬物療法も効果があることから現在でも主流となっています。

 

うつ病治療に使用する薬にも種類があるので、その中から特徴などを紹介しておきます。

 

SSRIは抗うつ剤の一種で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことです。

 

うつ病治療薬としては比較的新しい薬で、うつ病の原因となるセトロニン不足を解消する効果が期待できます。

 

従来のうつ病治療薬は、脳内の伝達物質全てに作用していましたが、SSRIはセロトニンだけを選び作用します。

 

うつ病の原因が脳の伝達物質であることから全てに作用するのも一見効果的に思えますが、関係ないものまで作用してしまうと副作用が大きくなると言われています。

 

このことからSSRIは比較的副作用の少ない薬として、多く使用されています。

 

しかし薬である以上副作用もあります。

 

個人差もありますがSSRIを服用することで、不安が強くなる、抑うつ状態になるなど本来の目的とは逆の効果が出てしまうこともあります。

 

現在日本で扱われているSSRIは4種類あります。

 

同じSSRIでも種類によって多少の違いはあります。

 

薬物療法の場合は種類の違う薬を併用することもあるので、どの薬を選ぶかはその人の症状や改善効果などを見ながら医師が決めていきます。

 

副作用が強いことで悩みになってしまう場合は、医師に相談するというのも一つの選択肢ですので、無理に我慢せず相談してみましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

SSRI

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。