うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病で入院する場合

 

うつ病の治療は通院するのが一般的ですが、治療方法や症状によっては入院が必要になることもあります。

 

うつ病の治療方法によっては、例えば絶食療法を試すような場合には数日間の入院をし、完全に管理された中で絶食療法を進めていきます。

 

これ以外では度重なる自傷行為が見られたり、自殺の可能性がある場合に入院することもあります。

 

うつ病の治療には家族や周囲の人のサポートも欠かせませんが、家でもある程度自傷行為や自殺をしないように危険なもものは隠しておくなど工夫も必要です。

 

うつ病場合はとにかく酷く落ち込み自分を責めてしまいます。

 

リストカットで自分を傷つけることで償いにしようとしたり、生きていてもいいことがないから死んでしまおうとそればかり考えることもあります。

 

自殺を図る場合には特に考えずに衝動的にやってしまうこともあるので、常に目が離せない状態です。

 

しかし家族も1日24時間監視しているわけには行かないので、こういう危険がある場合には入院したほうが安全です。

 

病院なら24時間管理できますし、薬なども違うものを使うことで改善されることもあります。

 

また他の治療方法を検討することもできるので、こういう場合は入院するのが最善の方法と言えます。

 

他にも症状が重いと判断された場合には、入院するよう言われることもありますが医師の判断によります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病で入院する場合

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。