うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病の通院頻度

 

うつ病の通院頻度については、多少個人差があります。

 

薬物療法をする場合は、週1ペースで通院するというのが一般的です。

 

しかしこの間薬の副作用や体の痛みなどの症状が出た場合には、心配なのでとりあえず病院に行くという人もいるので、週に2回〜3回通院する人もいます。

 

例えば薬物療法をしながら、カウンセリングや精神療法を併用する場合は、1日で何もかも済むとは限らないので、それぞれの治療方法によって曜日を変えて通院することもあります。

 

最初はうつ病と診断されても手探りの状態になるので、とりあえず週1で通院するように言われても、別の症状で病院に行くこともあります。

 

最初はなかなか安定しないこともありますので、週に数回通うこともあります。

 

でも自分に合った治療法が見つかり、症状も改善されているとわかれば通院頻度も週1から2週間に1回、1ヶ月に1回というように徐々に減っていきます。

 

大切なのは通院回数ではなく、どれだけ改善効果が出ているかです。

 

これも個人差が大きいので最初は通院頻度も多くなると思っておいたほうがいいかもしれません。

 

今はうつ病の治療方法も新しい方法なども確立されているので、選択肢も増えています。

 

効果が確認されている治療方法もありますが、治療を受けられるかどうかは条件もあるので焦らず自分のペースでゆっくり治療を進めていきましょう。

 

効果が出てくれば自然と、通院頻度も減ってきますのでそれまで焦りは禁物です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病の通院頻度

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。