うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


TMS治療

 

うつ病の新しい治療方法として注目されているのが、TMS治療です。

 

TMS治療は磁気刺激治療のことで、脳に磁気の刺激を与えることで脳の働きを活性化させるという方法です。

 

うつ病の治療には薬物療法や精神療法などいくつかの選択肢があります。

 

特に薬物療法の場合は薬の副作用が酷く出てしまうと、治療も苦痛を伴うことになります。

 

副作用にも個人差はありますが、辛い副作用が出るのが嫌で治療を断念してしまうこともあります。

 

薬に頼らない方法もありますが、効果には個人差も大きくなってしまいます。

 

その点TMS治療は、ほとんど副作用がないことも注目されている理由です。

 

正常な人の脳とうつ病患者の脳を比較すると、明らかに脳の機能が低下していることがわかります。

 

強いストレスを受けたことで、血流障害や基礎代謝の低下につながります。

 

これは脳にも影響が出てしまうので、脳の機能も低下し無気力な状態になってしまうのです。

 

TMS治療では、脳の背外側前頭前野という部分に磁気刺激を与えることで、これが扁桃体にいい影響を与え脳の活動を活発にすることができると言われています。

 

アメリカでは長年うつ病に苦しんでいた患者も、TMS治療で大きな効果を得ることができたと注目されている方法です。

 

日本でもTMS治療を取り入れている医療機関がありますが、TMS治療は保険適用外なので1回6万円程度かかってしまいます。

 

しかし入院の必要もなく、副作用もないことからTMS治療を希望する人も多いと言われています。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

TMS治療

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。