うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


磁気パルス療法

 

磁気パルス療法は、NHKスペシャルでも取り上げられ注目された治療法の一つです。

 

アメリカで開発された方法ですが、脳を磁気パルスで刺激することで血行が促進され、セロトニンの分泌が促進されると言われています。

 

実際にアメリカでは磁気パルス療法で、うつ病に効果があることも確認されています。

 

番組では脳血流の画像診断装置を使うことで、うつ病と症状がよく似ている統合失調症を見分けることもできるようになったとしていました。

 

うつ病の治療方法もいくつかありますが、全ての人が同じ治療方法で効果を得られるとは限りません。

 

例えば薬物療法で改善が見られない人の場合は、磁気パルス療法を取り入れたことで劇的な改善効果が見られたケースもあるようです。

 

またうつ病の治療は長引くことも多いので、長年治療を続けてもあまり改善せず悩んでいる人も多いと言われています。

 

こういう場合にも磁気パルス療法を取り入れることで、直接脳に刺激を与えることができるので、セロトニンの分泌を促すことができれば、うつ病の原因となっている脳の神経伝達物質の減少も改善することができます。

 

ただし磁気パルス療法はどこの病院でも出来る方法ではなく、治療可能な医療機関が限られています。

 

NHKスペシャルで取り上げられたこともあって、それ以来注目度も高まり問い合わせ等が殺到したこともあったようです。

 

このため磁気パルス療法を実施している医療機関であっても、予約をしないと診察してもらえないこともあるので事前に確認しておきましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

磁気パルス療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。