うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


音楽療法

 

普段はほとんど意識していませんが、ストレスを感じた時、体の中では交感神経が刺激されています。

 

こういう場合は精神を安定させる副交感神経が先に刺激され落ち着こうとさせるのですが、ストレスが強過ぎる場合はコントロールできなくなるので気力が低下するという副作用が出てしまいます。

 

これがうつ病のきっかけになることもあります。

 

音楽療法では、好きな音楽や優しい音色のクラッシックを聴くことで副交感神経を刺激することができると言われています。

 

またストレスを感じると脳はアドレナリンを分泌するので血圧が上がります。

 

このことで体に不調が出てしまうので、うつ病なのに体のどこかに痛みなどを感じてしまうのです。

 

音楽療法では、実際にストレスホルモンが減少し、免疫物質が増加するのも確認されています。

 

ストレスは体のホルモンバランスを崩してしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと自分で感情をコントロールできなくなるので、様々な症状を併発します。

 

音楽療法は好きな音楽を聴くこともできますが、心を落ち着かせるように優しくゆったりとした音色のクラッシックが良いとされています。

 

音楽療法では脳を活性化させる効果も確認されていますが、歌を歌うのも効果があると言われています。

 

好きなジャンルなども個人差はありますが、スローテンポの曲を聴いてリラックスできるよう工夫するのもいいですね。

 

音楽療法は自宅でも実践できるので、取り入れて見るのもいいかもしれません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

音楽療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。