うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


運動療法

 

うつ病の治療は薬物療法や精神療法などの他に、運動療法も効果が証明されているので取り入れていきましょう。

 

うつ病は脳の伝達物質の分泌が減少することで起きることが分かってきています。

 

些細なことでも落ち込み自分を責め、自暴自棄になる傾向があります。

 

しかしこれも全ては脳に原因があります。

 

症状を改善するには薬物療法や精神療法も効果的ですが、運動を取り入れることで効果がアップすることもわかってきています。

 

運動といっても激しいトレーニングをすると言っているのではありません。

 

おすすめは有酸素運動です。

 

ウォーキングやジョギングなどごく軽い運動をできる範囲で取り入れていきましょう。

 

有酸素運動をすることで、脳内のセロトニンの分泌が促進されます。

 

うつ病はセロトニンが不足することで起こるものなので、セロトニンを増やす有酸素運動はとても効果的です。

 

またセロトニンは睡眠ホルモンと言われるメラトニンの分泌をサポートするので、不眠症の改善にもつながります。

 

体を動かすことで代謝もアップし、血行も促進されます。

 

また運動はアドレナリンの分泌も促すので、気分を高めるのにも役立ちます。

 

これも脳を元気にするのに役立ちますし、体を動かすことで適度に疲れるので眠りやすくなります。

 

運動は適度にカロリーも消費できますし、体を動かすことでお腹が空き食欲も出ます。

 

うつ病の場合は無理は禁物なので、出来る時でいいので運動も取り入れていきましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

運動療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。