うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


食事療法

 

うつ病の治療に食事療法を取り入れるのも効果的だと言われています。

 

そもそもうつ病というのは、脳の神経伝達物質が正常に分泌されないことで起こります。

 

もちろん治療には薬物療法や精神療法なども必要なので、他の方法を進めながら食事療法も取り入れます。

 

うつ病の場合はセロトニンという物質が減少した状態なので、セロトニンをサポートするアミノ酸を多く含むものを食べるといいと言われています。

 

アミノ酸豊富な食事を続けることで、トリプトファン(アミノ酸の一種)が増え、セロトニンの生成をサポートします。

 

うつ病の場合は不眠症になることも多いのですが、これもセロトニンが不足することで、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが不足するためなかなか寝付けず、焦れば焦るほど眠れなくなり不眠症となっていきます。

 

アミノ酸といってもそれだけ過剰摂取すればいいというものではありません。

 

アミノ酸のもとになるタンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。

 

植物性タンパク質の方が体に優しく、吸収力にも優れているので積極的に摂取しましょう。

 

しかしバランスも大切なので肉や卵からの動物性タンパク質も適度に取り入れます。

 

またうつ病の時にはどうしても食欲が低下するので、食事も不規則になりがちですが、規則正しく3食しっかり食べることも重要です。

 

少ない量からでもいいので、時間を決めて規則正しく食べることも心がけてみましょう。

 

食事療法は効果があると証明されているので、是非取り入れたいですね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

食事療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。