うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


高齢者のうつ病の特徴

 

高齢者にもうつ病が増えていると言われています。

 

それまでバリバリと働いていた人も、定年を迎えると退職します。

 

仕事が生きがいだった人は生きがいを失ってしまい、喪失感が大きくなります。

 

この場合気持ちを趣味などに向けることができればいいのですが、仕事一筋だった人には難しいことです。

 

また体にも老化現象や病気などが現れてくるので、老いたと感じることで自分が役立たずだと落ち込むことになります。

 

また子供も独立していたり、配偶者に先立たれてしまったりと孤独を感じることも多くなります。

 

孤独感や孤立感もうつ病の引き金になるため、高齢者のうつ病が多いのもこういう理由があるからです。

 

年齢とともに老化現象が起こるのは誰にでもあることですが、眠りが浅くなったり、体調がすぐれない、体がいうことを聞いてくれないなど気持ちを落ち込ませることも増えてきます。

 

この時話を聞いてくれる人がいればいいのですが、1人だと全て自分で抱え込んでしまいます。

 

また昔の考え方をする人はプライドも高く自分の弱みを家族にも見せようとしないので、1人で抱え込みそれがうつ病の引き金になることもあるようです。

 

高齢者は体や精神的なところでも負担が大きくなりますし、ここに病気なども加わることで自分がダメな人間だとか、存在価値がない等と落ち込むことも多くなります。

 

こういう時は誰かの助けが必要なのですが、1人暮らしの高齢者の場合はなかなか人にも話を聞いてもらえないことも多いのが問題です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

高齢者のうつ病の特徴

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。